肥後すっぽんもろみ酢

このエントリーをはてなブックマークに追加

肥後すっぽんもろみ酢の効果は美容促進とダイエットのサポートです。40代あたりになるとあらゆる老化現象が始まり、美容やダイエットへの意識が高まるものですが、同世代の人の中にはとても40代とは思えないようなキレイさを維持している人もいることでしょう。なぜキレイかといえば、それは人一倍美容やダイエットに気をつかっているからであり、肥後すっぽんもろみ酢はそういった年齢を感じさせない美しさを作り出してくれるアイテムのひとつです。

たとえばどのような悩みを持っている人に肥後すっぽんもろみ酢は向いているかというと、「肌のハリがなくなってきた」、「痩せられない」、「気分が沈む」、「美容や健康が気になるけど辛いことはしたくない」といった人は参考にしてみるべきです。女性なら誰もが美しくなりたいと感じるものですが、実際に美しくなるには何をすればいいのか知る機会はなかなかありません。肥後すっぽんもろみ酢のサイトでは基礎代謝が重要だとしています。そのサイトにあるデータによれば、基礎代謝量は10代を過ぎると一気に下降していき、30代になると10代の時の量の半分になっているほどです。

それからコラーゲンも重要です。コラーゲンも基礎代謝量と同様に年齢とともに減少していきます。しかも肥後すっぽんもろみ酢のサイトにあるデータによれば、40代からの減少が顕著です。肥後すっぽんもろみ酢にはアミノ酸が利用されており、基礎代謝量とコラーゲン減少の問題を改善してくれます。

アミノ酸で基礎代謝を上げる

アミノ酸は体の血行を良くする効果を持っています。血行がよくなると老廃物が溜まりにくくなり、体温が上がります。すると基礎代謝も上がり、太りにくい上に痩せやすい体質を作ることができます。その上、アミノ酸は筋肉の原料になります。アミノ酸を積極的に摂取すると、筋肉がついたり、筋肉の疲労が取れたりするのはそのためです。筋肉がつけば、そのぶんさらに基礎代謝が上がることになるので、一石二鳥です。

アミノ酸は食事から摂ることができます。結構いろいろな食材に含まれており、鶏のササミ、赤身の魚肉、牛肉、卵、乳製品、大豆、ほうれん草、トマトなどが代表的です。これらはわりと手に入りやすい食材なので、意識して食事に取り入れれば効率的にアミノ酸を摂取することができるはずです。

アミノ酸には種類があり、脂肪を燃やすタイプのものもあります。血行を良くし、筋肉をつけ、その上に脂肪まで燃やすことができれば、美容・健康的に完璧と言えるでしょう。脂肪を燃やすタイプのアミノ酸にはたとえばリジンやアルギニンなどがあります。

アミノ酸を摂取する時に加えてやっておきたいことが2つあります。それはビタミンBを一緒に摂取することと、運動をすることです。アミノ酸とビタミンBは相性がよく、一緒に摂取すると効果が高まります。運動はアミノ酸の効果と同様に、血行促進、筋肉増強、脂肪燃焼に役立つので、あわせて行うことでさらなる効果を生み出すことができます。

アミノ酸が豊富な肥後すっぽんもろみ酢

肥後すっぽんもろみ酢はすっぽんの栄養を利用したサプリメントです。実はすっぽんには人間の体で作ることができない必須アミノ酸9種類を含めた19種類のアミノ酸が含まれています。しかもそれぞれのアミノ酸の量は同じくアミノ酸を豊富に含むことで有名な黒酢と比べてもかなり多いです。肥後すっぽんもろみ酢のサイトの説明によれば、黒酢の312倍ということなので、美容・ダイエットに不可欠なアミノ酸を効率的に摂取するのに役立ちます。

具体的に肥後すっぽんもろみ酢に含まれるアミノ酸をあげると、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、イソロイシン、ロイシン、バリン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、アルギニン、アラニン、チロシン、プロリン、グリシン、グルタミン酸、セリン、アスパラギン酸、シスチンとなります。すっぽんは食事で食べようとすると高価ですし、簡単に手に入るものではありませんが、肥後すっぽんもろみ酢であれば1粒に栄養が閉じ込められているので、手軽です。

肥後すっぽんもろみ酢の製法はまずすっぽんの原料を熱湯でエキスと残りの素材に分けます。エキスと残りの素材をそれぞれ乾燥させ、粉末状にしてから混ぜ合わせた後、カプセルに閉じ込めます。

アミノ酸はコラーゲンにもかかわっています。実は摂取したコラーゲンは一度体内でアミノ酸に分解されてから再びコラーゲンになるのです。そのため、コラーゲンだけでなく、アミノ酸も積極的に摂った方がお肌にいいのです。

肥後すっぽんもろみ酢の成分と効果

肥後すっぽんもろみ酢の成分はいくつか主要なものに分かれます。まずはアミノ酸です。アミノ酸の正体はすっぽんですが、熊本県の高級すっぽんである「肥後日の元すっぽん」をそのまま使っています。すっぽんの栄養成分を生かすための「丸ごと粉砕化製法」により、19種類のアミノ酸を贅沢に摂取できます。また実はすっぽんはアミノ酸以外にも、レバーの約300倍のビタミンB6とビタミンEのビタミン類、牛乳の約30倍のカルシウムと亜鉛のミネラル類、EPA、DHA、コラーゲンなど、幅広い栄養成分が含まれています。活力のもととなる栄養ばかりなので、美容やダイエットに効くだけでなく、気力も充実するはずです。

他にも琉球もろみ酢を利用した「クエン酸」が主要な成分にあげられます。黒麹菌により、発酵すると大量のクエン酸が発生する酢であり、その量はなんと普通のお酢の1,000倍です。これだけの量があればすっぽんの滋養強壮作用も強力に働くことでしょう。

それからコラーゲンとの相性を考えた成分も注目すべきです。肥後すっぽんもろみ酢には「ツバメの巣」、「月桃エキス」、「桜の花エキス」が入っています。「ツバメの巣」はシアル酸が豊富に含まれており(ローヤルゼリーの200倍)、あの楊貴妃も食べていたという言い伝えがあります。「桜の花エキス」、「月桃エキス」もコラーゲンと相乗効果を生む成分として知られているので、美容・ダイエット効果に期待できます。

ページの先頭へ