プーアル茶と便秘

このエントリーをはてなブックマークに追加

プーアル茶に含まれているポリフェノールは、便秘解消に役立つともいわれています。 便秘は苦しいだけでなく腸内に有害物質が長時間留まるために健康によくないといわれています。 もちろん便秘になりたくてなる人などはいませんが、胃腸の働きが低下してくると便秘になりやすいのです。 食生活や運動不足、精神的ストレスや薬の副作用などが原因として考えられるでしょう。

腸は、口から摂り入れた栄養素を吸収して血液に送り出す役目を担っています。 そこから血液に乗ってからだの隅々まで栄養が届くことで、全身の健康が維持されていくのです。 ですから、腸の吸収力が悪かったり、腸内の悪玉菌が強いと、栄養素が行き渡らないことになります。 腸はいわば生鮮市場のようなのです。 市場に届く新鮮な魚や肉、野菜が効率良く、どんどんとお店に卸されていけば、住民は新鮮な食材をいつでも手に入れることができます。 しかし、市場が雑然としてごった返しており、不潔な状態であるならば、新鮮な食材はお店に届きませんし、届いた食材は悪くなっているでしょう。 同じように腸内環境が悪ければ栄養素はからだに行き渡らず、手足は冷え、肌荒れを起こし、疲れやすくなっていきます。

プーアル茶に含まれるポリフェノールは、善玉菌を増やして腸内環境をよくする効果がみられます。 腸内環境がよくなると腸の働きも活発になり、いい栄養素は血液を通して体内に送り出し、不必要な排泄物は排出していきます。 朝もスッキリ決まって、便秘も解消しやすいのです。




ページの先頭へ