ジアスターゼと食物繊維の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

生大根ダイエットでは、大根に含まれるイソチオシアネートが非常に重要だとされていますが、他にも有益な成分が2つあります。その成分とは、ジアスターゼと食物繊維です。
まずジアスターゼというのは、別名アミラーゼともよばれる消化酵素の一つです。ジアスターゼは、炭水化物の消化促進効果があることで胃腸の働きを良くし、胃腸薬などにも配合されている成分です。
また食欲不振などにも効果的だとされ、「大根役者」という言葉も大根が食あたりを起こしにくい食材だということが語源となっているようです。そして、ジアスターゼは熱に弱いという特性を持っているため、生大根ダイエットでは大根を生で食べることが基本となっています。
さらに空気に触れることで酸化しまうため、生大根ダイエットで大根を摂る際は、調理してすぐに食べるということが重要だといえます。次にもう一つの有益な成分である食物繊維ですが、ダイエット効果はもちろん便秘の解消にも効果的だとされています。
食物繊維を摂ることで、腸内環境が良くなり老廃物や有害物質を排出しやすくなるのです。それに食物繊維には、コレステロールや糖質の吸収を抑制する働きがありますので、非常に高いダイエット効果が得られるわけです。
また、生大根ダイエットを実践する際は、なるべく咀嚼回数を増やすようにすることで、食べ過ぎの防止をすることが可能です。このように、ジアスターゼと食物繊維はダイエットに非常に有効なものですから、生大根ダイエットを実践する場合は覚えておくと良いでしょう。

ページの先頭へ