生大根ダイエットを上手く実践するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

生大根ダイエットを成功させて痩せるためには、代謝アップの効果があるとされるイソチオシアネートを上手く取り入れることが非常に重要です。イソチオシアネートというのは、大根の細胞の中に含まれている成分ですから、効果的に取り入れるようにしましょう。
生大根ダイエットでのお勧めの食べ方としては、大根のスティックサラダなどが挙げられます。スティックサラダなら、時間がない場合でもサッと作ることが出来ますよね。
ただ、スティックサラダの場合は、大根を切る回数が少ないため、イソチオシアネートの生成は少量だといえます。生大根ダイエットでイソチオシアネートをより多く取り入れたいのなら、千切りやさいの目切りなど細かく切って食べるようにすると良いでしょう。
特にすりおろし大根は、イソチオシアネートを取り入れるのに最も適しているといえます。また生大根ダイエットでは、辛味成分が強い根の先部分を食べるようにするとより効果的です。
根の先部分にはイソチオシアネートが多く含まれていますので、大根おろしにして摂るようにしましょう。大根おろしにする際は、おろし金に対して直角あて円を描くようにすりおろすと、繊維がより細かくなり食べやすい大根おろしを作ることが出来ます。
また大根おろしの際に出る汁には、イソチオシアネートがたっぷり含まれていますので、なるべくなら捨てずに飲むようにしましょう。ただ、どうしても辛くて飲めないという場合は、お酢や味噌などを加えると美味しく摂ることが出来ますので、試してみると良いでしょう。

ページの先頭へ