生大根ダイエット実践時の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康的に痩せることが出来ると評判の生大根ダイエットですが、注意点もいくつかありますのでここで紹介しておきましょう。まず、生大根ダイエットでは大根を生で食することが基本となりますから、加熱調理しないことが大切です。
生の状態で食べるようにしないと、代謝促進効果のあるイソチオシアネートが摂取出来なくなるのです。生で食べるということさえ守ればどういった調理法でも構いませんので、自分なりに工夫しながら一日300gを目安に摂取するようにしましょう。
そして、生大根ダイエットで食べる大根は、出来るだけみずみずしいものを選ぶことが重要です。大根というのは水分が非常に多く含まれる野菜ですから、まず購入後は葉を切り落として湿らせた新聞紙などで包んでから冷蔵庫で保存するようにします。
最初に葉を切り落とすのは、保存している間に水分が葉の部分に奪われてしまうのを防ぐためです。そして、生大根ダイエットを進める際には、大根の首の部分から摂取する分を使っていくようにしましょう。
このように大根はダイエット効果が非常に高い食材だといえますが、反面体を冷やしてしまうといった作用もあります。そのため大根を食べ過ぎると体が冷えてしまうことになりますので、生大根ダイエットを実践する場合は大根以外に体を温める食材を摂ることが重要です。
体を温める効果がある食材では、唐辛子、ショウガ、ニラ、玉ねぎ、カボチャ、カツオ、小松菜、黒豆、鶏肉、羊肉などが挙げられます。こういった食材を同時に摂ることが重要ですから、頭に入れておくようにしましょう。

ページの先頭へ