B-UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

B-UPはインターネットの口コミでも高い評価を得ているバストアップサプリです。主成分は「プエラリア」と呼ばれる女性ホルモンに作用して乳腺を発達させる成分です。B-UP以外のバストアップサプリメントにも主成分として配合されているプエラリアですが、B-UPが他のサプリと違うのは、2種類のプエラリアを配合しているという点です。即効性のあるプエラリアとゆっくりと作用していくプエラリアを配合していますので、無駄なく女性ホルモンに働きかけてくれます。

気になるその効果ですが、口コミサイトの評価によると、1カップから2カップのサイズアップをしたという人が最も多く、バストアップを実感できたのは3ヶ月から半年ほど飲み続けた頃という人が多くなっています。バストが張ってくる感じは飲み始めて1週間から1ヶ月頃に感じる人が多く、即効性のあるプエラリアの効果が出ているようです。また、女性ホルモンの分泌量が多い20代前半までの女性は早い段階での効果が期待できるようです。

バストアップ用のブラジャーを着けたり、バストアップのための筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れたりするなど、バストアップに効果があるとされる習慣を身につけることで、より早くB-UPの効果を実感できるでしょう。女性ホルモンはバストのサイズに大きく関わるホルモンです。B-UPだけに頼らず、正しい生活習慣で女性ホルモンの分泌を活発にしてあげることも大切です。

B-UPのプエラリア

最も手軽にバストアップできる方法は、サプリメントを飲むことです。B-UPというサプリメントがインターネット上でも高い人気を呼んでいますが、B-UPをはじめ、バストアップサプリメントの中には「プエラリア」という成分が含まれています。プエラリアという成分の原料は、プエラリア・ミリフィカというタイ原産のマメ科の植物です。大豆の40倍ものイソフラボンや、ミロエストロールなどの植物性エストロゲンが多く含まれている植物です。外国産の成分と聞くと「安全性は大丈夫なの?」と心配になる人も多いのではないでしょうか。B-UPならその心配はありません。タイの国立大学と事業提携しており、無農薬栽培で徹底した品質管理を行っています。

B-UPのバストアップ効果が高いと高評価を得ているのは、単にプエラリアをたくさん含んでいるということではなく、バストアップの効果を高めるために2種類のプエラリアを配合しているという独自の工夫にあります。効果が早く表れる20倍濃縮エキスに加工したプエラリアと、時間をかけて効果を持続させる粉末のプエラリアを配合しているのです。

プエラリアは女性ホルモンに働きかけるので、摂取量はきちんと守りましょう。過剰摂取になると生理不順や肌荒れ、吐き気や頭痛といった症状を引き起こしてしまいます。早くバストアップしたいからといってたくさん飲んでも副作用が表れてしまうだけですので、決められた量を続けることがバストアップのポイントになります。

B-UPの成分

B-UPには即効性のある濃縮エキスタイプのプエラリアと、持続性のある粉末タイプのプエラリアとが独自のバランスで配合されています。プエラリアの原料はタイの「プエラリア・ミリフィカ」というマメ科の植物です。タイ国内でも希少価値が高く、似たような植物がたくさんあるので現地の人でも見分けるのが難しいといわれているほどです。天然の植物は天候などによって収穫量が安定せず、含まれる栄養価にもバラツキがあります。そのためB-UPでは、プエラリアの品質を安定させるために、タイ国立カセート大学と事業提携して原料となるプエラリア・ミリフィカを4年という歳月をかけて無農薬栽培しています。

プエラリアは女性ホルモンに似た、植物性イソフラボンとエストロゲンが多く含まれています。その含有量は大豆の40倍ともわれています。B-UPを摂取することで、体の中で女性ホルモンと同じような働きをするため、バストアップや女性ホルモンの現象が原因となる女性特有の症状を改善することができます。B-UPには2種類のプエラリアが含まれていますので、飲み始めてすぐに体の変化を感じる人が多く、継続することでさらに効果を高めることができます。しかし、効果が高いということは、摂取量を守らなければ副作用も強いということです。女性ホルモンが増えすぎると、肥満や生理不順、月経過多、肌荒れやのぼせなどの症状が表れてきます。肝臓にも負担がかかってしまいますので、B-UPに記載された用法容量をしっかり守ることが大切です。

B-UPで痩せながらバストアップ

B-UPはバストアップだけのサプリメントではありません。実は、バストアップと同時にダイエットもできてしまうという今までのサプリメントにはない画期的な商品なのです。「ダイエットはしたいけどバストが小さくなったら嫌だから・・・」という理由でダイエットに踏み切れなかった女性には本当に嬉しい商品です。

まず、バストアップの成分としては、「プエラリア」や「アグアヘ」、「ワイルドヤム」といった女性ホルモンの働きを助けてくれる成分がたくさん含まれています。数種類の女性ホルモンに似た植物性の成分を組み合わせることによって、バストアップの手助けをしてくれます。ダイエットサポート成分としては、脂肪細胞を直接燃焼させて糖分の吸収を阻害する「コレウスフォルスコリ」を主成分に、「ギムネマ」や「カプサイシン」などダイエットに効果があるとされる成分を配合しています。バストアップしたいけど太りたくはない、ダイエットしたいけどバストのサイズダウンが気になる。このような女性の声に応えて、両方の成分を配合しメリハリのある体作りの手助けをしてくれるB-UPが登場し、口コミで高い評価を得ているのです。

さらに効果を高めるためには、サプリメントに頼りきりになるのではなく、エクササイズを習慣にしたり、規則正しい生活習慣で女性ホルモンの分泌を整えてあげたりすることも有効です。サプリメントと毎日の習慣の相乗効果で、早い時期から効果を実感できるはずです。

ダイエットでバストがサイズダウン

「ダイエットしたら一番にバストが痩せた」という悲しい体験をした事のある女性は多いものです。心臓から近いバストの脂肪は、下半身の脂肪よりも温かくて柔らかいことから性質として燃焼しやすいという点があります。そのため、食事制限や運動で全身の脂肪を燃焼させるような行為を続ければ、いの一番にバストの脂肪が落ちていきます。では、バストのサイズをキープしたままダイエットを成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、運動をする時に「バストを揺らさないこと」が大切です。有酸素運動などでバストが揺れてしまうと、脂肪細胞が燃焼してエネルギーに変わる時に、真っ先に揺れて代謝の良くなったバストの脂肪細胞が使われてしまいます。スポーツブラなどバストを動かさない工夫が必要になります。さらに、「大胸筋」というバストを支える筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れましょう。筋肉がついたら脂肪が減るのでは?と思われるかもしれませんが、土台がしっかりしていることでバストが揺れるのを防いでくれるので脂肪の燃焼を抑えることにつながります。

そして、バストのためには、ダイエットでやりがちな「極端な食事制限」は避けましょう。摂取カロリーを減らすことはダイエットに有効な手段なのですが、バストを作るといわれる「たんぱく質」まで制限してしまうとバストの脂肪は落ちるばかりです。食事制限はほどほどに、たんぱく質を意識して摂取しながらカロリーを抑える工夫をしていきましょう。

ページの先頭へ