胸を大きくする

このエントリーをはてなブックマークに追加

バストアップサプリの成分と効果

「手術をするのは怖いけど、バストアップしてみたい」という女性にはバストアップサプリをお勧めします。バストアップサプリには植物由来の成分が多く含まれていて、含まれている成分が女性ホルモンに似た働きをするためにバストを豊かにするといわれています。イソフラボンは多くの商品に含まれている成分で、マメ科の植物に多く含まれています。豆腐やお味噌汁といった大豆を原料とする食品にも含まれていますので、日本人にはなじみ深い成分です。この他にもザクロエキスやブラックコホシュなど外国産の植物から抽出されたものが代表的な成分となっています。

女性のバストは9割が脂肪で、残りの1割が乳腺組織です。乳腺組織が発達すればそれを守ろうと脂肪が増えるのでバストのサイズは大きくなっていきます。乳腺組織を発達させるのも縮小させるのも、女性ホルモンに含まれるエストロゲンという成分の働きです。バストアップサプリメントに含まれる各種成分は、女性ホルモンが足りていない女性の体に、女性ホルモンに似た成分を追加することで乳腺を発達させていきます。バストアップサプリは、元々の女性ホルモンの分泌量や体質によって効果には個人差がありますが続けて摂取することで、バストだけでなく、生理前症状の軽減や美肌の維持にも効果があるといわれています。サプリを摂取しながら、十分な睡眠や適度な運動など生活習慣を整えていけば、女性ホルモンの分泌も活発になり、相乗効果でさらに効果が高まるでしょう。

豊胸手術

豊胸手術は外科手術でバストを大きくするもので、現在行われている豊胸手術には、「シリコンバッグ挿入法」と「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸注入法」の3つの種類があります。

シリコンバッグ挿入法はバストに直接シリコンのバッグを埋め込むことで半永久的にバストのサイズを大きくすることができます。他の手術と比べて、挿入するシリコンのサイズを調整することでバストのサイズを自由にデザインできる手術法でもあります。挿入後はバッグがバストの組織と癒着して硬くなる可能性があることや、手触りが他の手術法でのバストアップに比べて若干硬めに仕上がるというデメリットもあります。

脂肪注入法は、自分の体の余分な脂肪をバストに注入してバストアップを図る手術法です。異物を入れたくないという人や、自然な手触りでバストアップしたいという人に選ばれています。吸引した脂肪の洗浄方法によっていくつかの種類に分けられます。自分の脂肪であっても注入した量のうち、バストにきちんと定着せず体内に吸収される分もありますので、大幅なサイズアップはできません。

ヒアルロン酸注入法はバストにヒアルロン酸を注射する豊胸手術です。手術といっても、注射器でヒアルロン酸を注入するだけですから、ダウンタイムもなく絆創膏を貼ってすぐに帰宅できる手軽さが人気を呼んでいます。ヒアルロン酸の量でバストのサイズを調整しますが、2カップ程度のサイズアップが一般的なサイズです。注入後2年くらい経つとヒアルロン酸は体内へと吸収されて無くなってしまいますので、バストサイズの維持には繰り返しの注入が必要になります。

バストアップのエクササイズ

バストを大きくするには、バストの周囲の筋肉を鍛えることも効果のある方法です。バスト自体に脂肪や乳腺が増えてサイズが大きくなったとしても、形を維持してハリを保つには筋肉が必要になります。両手を胸の前で拝むように合わせるエクササイズはご存知でしょうか。胸の前で合わせた手のひらを押し合うようにします。このエクササイズで大胸筋と呼ばれるバスト周辺の筋肉を効果的に鍛えることができます。両手を合わせるときに腹筋にも力を入れることでお腹周りをすっきりさせる効果もあります。

バストがしぼんできたなと感じる人には、ハリを取り戻すエクササイズをご紹介しましょう。ハリを取り戻すにはリンパの流れを活発にすると良いといわれています。ブラジャーでいつも締め付けられているバスト周りはリンパの流れが滞っている部分です。流れを活発にするには、バストを揺らして刺激を与えます。お風呂上りなどにバストを下から持ち上げて肩甲骨に向かって優しく上に上げていきます。その位置から落とすようなイメージで手を離します。バストの揺れを感じながら30回ほどリズミカルに繰り返します。1日1回でもリンパの流れる癖をつけてあげると、ハリのあるバストを保つことができるでしょう。

バストアップのエクササイズは20代になったら早めに始めると良いといわれています。早めにエクササイズを開始することで、バストをいつまでも美しく保つことができます。なお、マッサージやエクササイズの時には乾燥防止のためボディクリームなどを使いましょう。

バストアップのブラジャー

バストは成長期を過ぎても大きくなることをご存知でしょうか。その方法には様々なものがありますが、ブラジャーでバストアップする「育乳ブラ」なるものも登場しています。

バストが小さくて悩んでいる人の中には、自分のバストに合わないブラジャーをつけている人がとても多く、サイズの合わないブラジャーを着け続けているとバストの形が崩れてくることが分かっています。バストは脂肪ですから、ブラジャーのカップの中にきちんと納まっていないと、次第に脇に流れて腕や背中に定着してしまいます。寄せて上げてバストアップするブラジャーはすでにお馴染みとなっていますが、バストに脂肪を定着させる(何もつけていない状態でも美しいバストにする)ことを目指した新機能ブラが続々登場しています。寄せて上げるブラジャーよりもホールド力が高く、バストの高さを出すリフトアップ効果も高いことがバストに脂肪を定着させてバストアップにつながります。

上半身が痩せ型の人でバストアップを諦めている人が、背中や脇の脂肪をブラジャーのカップに納めることを続けた結果、脂肪がバストに定着して2サイズ以上サイズアップしたという話もあります。反対にバストが大きく垂れてしまうのが悩みという人も、強いリフトアップ効果で大胸筋とバストを持ち上げることで上向きに形が変化したという口コミがあります。日常的に身に着けるものですから、身に着けるだけで知らず知らずのうちにバストアップが叶う画期的な商品です。

ページの先頭へ