ミトコンドリアダイエットの実践方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミトコンドリアダイエットというのは、有酸素運動と無酸素運動をバランス良く取り入れて、体の内側から痩身効果を得るといったダイエット法です。そこでここでは、ミトコンドリアダイエットの実践方法について少し考えてみることにしましょう。

まず、ミトコンドリアダイエットでは、有酸素運動と無酸素運動を各30秒ずつ行う運動を、1日3セット取り入れるのが基本となります。有酸素運度はゆっくりと軽めに行い、その後すぐに筋力アップのための無酸素運動に入るといった形が理想的です。

このような形で運動を行うことで、ミトコンドリアがより活性化することになり、脂肪燃焼と共に痩せやすい体質へと改善されていくのです。具体的なミトコンドリアダイエットの方法としては、足踏みやジャンプなどの運動があります。足踏みは太ももを高く上げる運動、ジャンプは軽快にリズムをとりながら行うと良いでしょう。さらに、踏み台を使って踏み台昇降運動を行うのも効果的です。
また有酸素運動には、無酸素運動で蓄積された乳酸を解消するといった役割もあります。そして、無酸素運動ではダンベル運動や腹筋などの筋力トレーニングを取り入れるようにしましょう。

有酸素運動と無酸素運動を交互に繰り返すことで、AMP活性化プロテインキナーゼが活性化することになるのです。また、AMP活性化プロテインキナーゼの活性化により、エネルギー合成が糖や脂肪の蓄積以上に優先され、効果的に脂肪を燃焼することが可能となります。このようにして非常に高いダイエット効果が得られますので、早速実践してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ