野菜から酵素を摂取するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素というのは様々な食材に含まれていますが、ここでは野菜から酵素を摂取する場合について考えてみましょう。まず、酵素を摂取する場合は、炒める・蒸す・煮るなどの加熱調理を行わないように注意する必要があります。
なぜなら、酵素は熱を加えると死滅してしまうという性質があるからです。このようなことから、野菜から酵素を摂取するためには「生野菜」を食べることが必要になることを覚えておきましょう。
では、実際にどういった野菜に酵素が多く含まれるのかというと、ニンジンやセロリ、キャベツ、レタスなどが主な野菜として挙げられます。これらの野菜は、通常サラダとして生で食べる機会が多いものですから、問題なく摂取することが出来るでしょう。
ただ、生野菜には「体を冷やす」といった効果があるため、生野菜を摂る際は同時に体を温める効果のある食べ物も摂ることが大切です。体を温める効果があるものでは、ニンニク、ショウガ、ネギ、根菜類などが挙げられます。
また、温かいスープや味噌汁なども体を効果的に温めることが出来ますので、取り入れてみると良いでしょう。そして、野菜というのはビタミンやミネラルが豊富に含まれる抗酸化食品だとされています。
そのため、体の健康維持のためにも積極的に摂取することが重要なのです。また、サラダとしてなかなか多くの野菜が食べられないという人は、ジューサーなどで野菜ジュースにして飲むようにするのもお勧めです。このように、酵素は生野菜から効率良く摂取出来ますので、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。




ページの先頭へ