酵素が含まれる発酵食品

このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素というのは様々な食材に含まれるものですが、発酵食品にも豊富に含まれていることをご存じでしょうか。発酵食品とは、微生物の働きで食材を発酵させたものを指します。
具体的にはどういったものが酵素を含んだ発酵食品なのかというと、「納豆」「醤油」「味噌」「漬物」などが挙げられます。この中でも、特に納豆は体に良いものとして知られていますよね。
納豆に含まれる「納豆キナーゼ」とよばれる酵素は非常に有名で、脳梗塞などを引き起こす原因となる血栓の生成を防ぐ効果があるとされています。また、納豆に含まれる酵素は、栄養素を効果的に分解する働きが強いものだといえます。
このように栄養素を分解する酵素には、プロテアーゼやリパーゼなどが挙げられます。プロテアーゼというのは、タンパク質を分解してアミノ酸に変える酵素で、リパーゼという酵素は脂肪の分解を促す働きがあるとされています。
他にも、納豆には様々な酵素が含まれていますので、酵素摂取という目的だけでなく健康維持のためにも積極的に食べるようにすると良いでしょう。そして、実際に納豆を食べる際のポイントですが、十分にかき混ぜて粘り気を出してから食べることをお勧めします。
このように粘り気を出すことで、酵素の量を増やすことが出来るからです。また、納豆を食べる場合も、加熱調理してしまうと酵素は死滅してしまいますので、そのままの状態で食べる必要があります。このように、納豆は非常にお勧めの健康食品ですから、毎朝食べることを習慣にしてみてはいかがでしょうか。




ページの先頭へ