肉類や魚類中心の食生活を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の食生活が肉類や魚類中心になっている場合、体にとっては大きな負担となっていることをご存じでしょうか。私たちの体の中には、タンパク質を溜め込んでおく場所がなく、タンパク質を消化することも簡単に行えるわけではありません。
そして食物のタンパク質は、胃で消化された後アミノ酸に変わってから吸収されることになります。その際に、タンパク質の消化からアミノ酸に変える役目を担うのが、酵素だといえるのです。
このように肉や魚のタンパク質は、酵素の働きによってアミノ酸に分解されるのですが、全てのタンパク質が分解されるわけではありません。また、酵素というのは熱によって死滅してしまう性質があるため、加熱調理した肉や魚からは酵素を取り入れることが出来ません。
そのため、タンパク質を消化分解するための酵素が不足気味になってしまうのです。こういった消化しきれないタンパク質は、胃や腸により負担をかけてしまう結果となり、体調不良へとつながってしまうことになります。
このようなことからも、肉や魚中心の食生活を改めて生野菜などを多く摂るように心がけることが大切なのです。生野菜には多くの酵素が含まれていますので、積極的に取り入れることで体内の消化酵素を増やすことが出来ます。
そうすることで、肉や魚を食べた場合のタンパク質の消化不良といった状態も改善されることになるわけです。また、生野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、肉や魚の2倍以上の量を目安にして積極的に食べることが大切だといえます。




ページの先頭へ