酵素食品の役割について

このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素食品にはどういった役割があるのか、しっかりと理解しておくことは非常に重要です。まず、酵素というものは大きく分けて「潜在酵素」と「食物酵素」に分類することが出来ます。
酵素食品は、このうちの食物酵素であるということを知っておきましょう。そして、潜在酵素の一つでもある消化酵素と食物酵素である酸素食品との間には、非常に密接な関係性があるといえます。
私たちが普段食事として摂る食べ物は、体内に取り込んだ後そのまま吸収されるわけではなく、最初に酵素の働きによって分解されることになります。ですが、その時に体内の消化酵素が不足している状態だと、十分な消化活動が行われません。
そのため、酵素食品から食物酵素として体内に酵素を補給する必要が出てくるのです。また、潜在酵素には消化酵素の他に代謝酵素とよばれる酵素がありますが、代謝酵素も酵素食品と深くつながっているといえます。
代謝酵素は、体の中で新しく細胞を作り出す働きや体温を調節する働きなど、体中のありとあらゆる代謝に関わっています。呼吸をすることや心臓を動かすことなど、代謝酵素の働きは人間が生きていくために必要不可欠なものなのです。
しかし、こういった潜在酵素というのは、一生のうちに体内で生まれる量が決まっていますので、年齢と共にどんどん減少していくことになります。ですから、酵素食品で潜在酵素の不足分を補っていくことが非常に重要なのです。このように酵素は体にとってなくてはならないものですから、しっかりと酵素食品から取り入れるようにしましょう。




ページの先頭へ