消化酵素とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に「酵素」とよばれているものには、様々な種類があります。ダイエットや健康増進を目指して酵素を取り入れるといった場合は、まずそれぞれの酵素についてしっかりと理解しておくことが大切です。
こういった酵素の中でも、ここでは食べ物を消化する際に働く「消化酵素」について考えてみましょう。消化酵素というのは、文字通り食べた物を消化するために必要な酵素だといえます。
このように、消化酵素によって消化活動が行われることになりますから、消化酵素がなければ食べ物を消化することも吸収することも出来ません。そして、消化酵素というのは「アミラーゼ」「リパーゼ」「プロテアーゼ」などの種類に分類されています。
まずアミラーゼは、食べ物に含まれるデンプンを消化してブドウ糖に変えた後、体内に吸収するといった働きがあります。次にリパーゼですが、体内の脂肪分を分解する働きがあり、血液中や胃液に多く含まれているといわれています。
リパーゼは、脂肪を分解する働きによって内臓脂肪や皮下脂肪を効果的に減らすことが出来ますので、ダイエットなどにもよく利用されます。そしてプロテアーゼは、タンパク質を分解してアミノ酸に変える働きがあります。
さらに、消化促進効果も高いため腸内環境をスッキリと整える効果があるとされています。このように、消化酵素といっても様々な効果があるということを、しっかりと覚えておきましょう。その上で消化酵素を取り入れながら、ダイエットや健康増進に役立てるようにすると効果的ですよ。




ページの先頭へ