酵素食品とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素を効率良く取り入れるには、酵素食品を利用するといった方法も非常にお勧めです。酵素食品というのは、私たち人間の体に必要不可欠だとされる酵素を、効率良く摂取出来るように加工された食品のことです。
こういった酵素食品には、「液体タイプ」「粉末タイプ」「錠剤タイプ」「カプセルタイプ」「ペーストタイプ」「ゼリータイプ」などがあります。まず、液体タイプの酵素食品は、野菜や果物をベースに糖分を加えて自然発酵させたものが主流となります。
このように野菜や果物がベースとなっていますから、ビタミンやミネラルなどの栄養素は豊富に含まれている状態だといえます。さらに、酵素と栄養素を同時に摂取出来ますので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。
また、粉末タイプの酵素食品は、一度乾燥させて粉末状にし体内で再活性させるものですから、効率良く酵素を吸収することが可能となっています。それに、粉末を固めた錠剤タイプ、カプセルに入れたカプセルタイプなど、保存にも適していますし飲みにくさを感じることもないでしょう。
そしてペーストタイプというのは、液体と粉末のちょうど中間となる位置に属するものです。ペーストタイプの場合は、製造コストがかかるといった難点があるため、他のタイプよりも多少割高になってしまうようです。
最後にゼリータイプですが、様々な味付けがされているため他のタイプより摂取しやすいという特徴があります。このように様々なタイプの酵素食品がありますので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。




ページの先頭へ