不妊の原因になるゆがみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性や生理痛など女性特有の症状は、骨盤のゆがみと関連性があると言われています。特に、不妊で悩んでいる人は、骨盤のゆがみが原因になっていることもあるので、注意が必要です。医学界では本格的な研究がされていませんが、ある程度の効果が期待されています。
これまで、不妊で悩んでいた女性が、骨盤のゆがみをなくしてから妊娠したという症例もあるようです。骨盤が正しい位置になければ、内臓が下がるので、子宮や卵巣など妊娠を支える器官に悪影響を与えてしまうのではないでしょうか。
骨格のゆがみをなくせば、体のバランスが良くなるので、妊娠しやすい環境が整うのかも知れません。不妊を解消するためには、当然、病院で正式な検査を受ける必要があります。他にもいろいろな理由があるので、骨格の崩れが原因とは決め付けられませんが、検査や治療と平行して骨格の矯正を行いましょう。
不妊治療には、かなりの忍耐と費用がかかります。思うような結果が出ないで、諦めている人もいるでしょう。途中で挫折することもあります。
そのような時は、自分でできる骨格の矯正運動を取り入れてみましょう。費用も時間もかからないので、長く続けることができます。特に腰まわし運動は、毎日10分で済む運動ですから、筋トレよりも手軽に取り入れることができます。
ウエストまわりのダイエットや健康にも効果があります。仕事や家事で忙しくても、少しの時間にできるので、ぜひ、始めてみましょう。

ページの先頭へ