下半身太りになるゆがみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹まわりの脂肪がどうしても取れないと悩んでいる人も多いようです。いわゆる下半身太りですが、運動不足や栄養バランスの乱れが原因と言われています。その他に、骨盤のゆがみから下半身太りになることも考えられます。
食事制限をしているのに、お腹まわりだけがどうしてもダイエットできない場合もあります。上半身はほっそりしているのに、下半身だけが太っている人は、骨盤のゆがみがあるのではないでしょうか。
骨格の矯正をすることで、開きすぎた骨盤を引き締めることができます。特に股関節のまわりには、内臓を支える骨や筋肉がありますが、開きすぎていると、内臓も下がってしまうので注意が必要です。ます。開いた骨盤を引き締めれば、お尻も太もももすっきり細くなります。
骨盤のゆがみがあると、下半身の血流やリンパの流れが悪くなるんで、マッサージをしたり、温めるのも効果があります。太ももやふくらはぎにむくみがある時は、温感マッサージをしてみましょう。リンパの流れが改善されて、水分の滞りがなくなります。これと同じように、骨格が崩れてしまうと、血流やリンパの流れが悪化するので、代謝が悪くなり、体脂肪が付きやすくなってしまいます。
下半身太りを解消するには、骨盤のゆがみをなくすことが大切です。毎日継続して矯正運動や筋トレをすれば、体のバランスを整える効果が期待できます。骨格の矯正をしながらカロリーコントロールをすれば、さらにダイエット効果があるでしょう。

ページの先頭へ