便秘の原因になるゆがみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

食事にも気をつけながら、できるだけ運動を心がけているにも関わらず、いつも便通が悪い人がいます。このような便秘症は、体のバランスが崩れているのではないでしょうか。特に骨盤のゆがみが原因で、ひどい便秘を起こしているのかも知れません。
骨盤のゆがみがあると、健康にも悪い影響を与えてしまいます。内臓が下に落ちてしまうので、胃腸の調子が悪くなることもあります。便秘で悩んでいる人は、腸内環境が悪くなっているので、代謝を良くする必要があります。
日頃から、消化の良い食べ物を積極的に食べたり運動をしているのに、どうしても便通が解消しない人は、骨盤のゆがみが原因かも知れません。股関節の周りには、腰を支える骨がたくさんありますが、骨格が崩れてしまうと、腰を支える骨や筋肉が衰えてしまいます。結局、腸を支える筋力も低下するので、腸内環境が悪化します。
便秘の原因は、いろいろありますが、骨盤のゆがみが一つの原因になっていることも考えられます。野菜類や繊維質の食材などをたくさん食べる必要がありますが、毎日、欠かさずに、骨格矯正の運動を取り入れましょう。
骨格の崩れは、短期間では矯正できないので、しばらくそのままにしておくと、元に戻ってしまうことがあります。便秘が解消されても、骨格の崩れが起らないように、骨格矯正の運動を続けるようにしましょう。腰まわりのストレッチにもなるので、肥満予防などダイエットの効果も期待できます。

ページの先頭へ