ゆがみをなくす筋トレ法

このエントリーをはてなブックマークに追加

体のバランスが崩れると、すぐに疲れてしまうので、運動をする機会が少なくなります。このような悪循環から大腰筋が緩んでしまうので、骨盤のゆがみがひどくなっていきます。骨格を整えるために大腰筋を引締めましょう。
普通、歩幅を大きく取りながらリズミカルに歩けば、大腰筋を引き締める効果があると言われています。ウォーキングの他にも骨盤のゆがみをなくす簡単な筋トレがあるので、取り入れてみましょう。
左右の手をウエストに当てて直立した状態から始めます。太ももからふくらはぎが直角になるように、どちらかの脚の膝を曲げましょう。この状態から曲げた膝を前方に下ろします。
体を支えている後ろ脚は、ふくらはぎから太ももが引き締まるように伸ばしましょう。片脚を伸ばした状態でおよそ5秒前後キープします。一連の動作を左右交互に数回繰返します。
さらに、椅子を使う筋トレもあります。こちらは、座ったまま行うことができます。まず、両脚を揃えて椅子に座りましょう。
左右の手で同じ側の膝からふともものあたりを抱え込みます。両膝は閉じたままにして、肘を開いた状態にします。膝と腕に力を入れて行いましょう。
5秒前後キープできたら、体を元の位置に戻してから、同じ運動を繰り返します。あまり長時間続けると、筋肉痛になることがあるので、1日に数分程度が理想です。
毎日、少しずつ筋トレをすれば、大腰筋を引締める効果があるので、筋力アップにつながります。ウォーキングだけでなく、時間がある時に筋トレを取り入れれば、体のバランスが良くなり、骨盤のゆがみをなくすことができるでしょう。

ページの先頭へ