ゆがみを矯正する運動

このエントリーをはてなブックマークに追加

体のバランスが崩れている時は、矯正器具や整体を利用する人も多いでしょう。骨盤のゆがみを矯正する簡単なエクササイズがあるのでご紹介します。自宅でいつでもできるので、場所と時間を選びません。
一般的には、骨盤まわし運動と言われていますが、矯正器具を使わないので、費用もかからずとても経済的です。エクササイズの時にゴムチューブを使えば、効率良く骨盤のゆがみをなくすことができるので、利用したい方は用意しましょう。ホームセンターで安く購入することができます。
まず、腰骨の下にゴムチューブを巻いてから始めます。脚を肩幅に開いて腰に手を当てて直立します。大切なことは、直立した時に体の軸を動かないようにすることです。
腰をゆっくり回すことから始めましょう。体の重心を固定して腰だけを回します。上半身が動かないようにすれば、体の重心をキープすることができます。最初は、鏡の前に立って全身を映しながら行えば上手く行きます。大きくゆっくり回すのが基本です。
右まわり、左まわりと、30回ずつ回しましょう。あまり回しすぎると、疲労が溜まって、腰痛の原因になるので、回数よりも動きをゆっくりすることが大切です。
朝と晩の2回に分けて行ってもいいでしょう。毎日、根気良く続けることが大切です。骨盤まわし運動は、筋肉を鍛えるエクササイズとは違って、時間がある時に手軽にできるだけでなく、骨盤のゆがみを解消するので、ダイエット効果も期待できます。

ページの先頭へ