骨盤矯正になる座り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常生活で気をつけているのに、骨盤のゆがみがある時は、日頃の座り方をチェックしてみましょう。仕事で座りっぱなしの方は、知らず知らずのうちに、悪い座り方をしているかも知れません。同じ姿勢で座り続けていると、骨格に歪ができてしまいます。
骨盤のゆがみを矯正する座り方をマスターして、正しい姿勢をキープするようにしましょう。まず、腰掛ける時の基本は、深く座ることです。膝の高さも腰より下に来るようにしましょう。疲れて来ると、浅く座って椅子の背もたれに上半身の重心をかけてしまいます。
背伸びをする程度なら問題ないのですが、このままの姿勢で座り続けていると、骨格にゆがみができてしまいます。悪い姿勢で長く座り続けると、いつの間にか習慣になってしまうので注意が必要です。正しい座り方で仕事をすることが大切です。
日頃から、背筋を曲げないように心がけましょう。背筋にゆがみがあると、骨盤がずれてしまうことがあります。さらに、横座りは止めた方がいいでしょう。正座の方が骨格の歪みを防ぎます。
いろいろな座り方がありますが、正座が最も適した方法と言われています。骨盤にゆがみがあると、正座の体勢ではすぐに疲れてしまいます。骨格を矯正したい時は、長い時間正座をするのは、止めましょう。
毎日10分くらいが適当です。座る時間を長くするよりも、毎日続けることが大切です。
骨格の矯正は、時間がかかるので、気長に行う必要があります。日常生活で悪い習慣があれば、修正するように心がけましょう。

ページの先頭へ