正しい姿勢で骨盤矯正

このエントリーをはてなブックマークに追加

姿勢を正しくしているつもりでいても、いつの間にか片方に重心をかけてしまうことがあります。骨盤のゆがみがある時は、疲れやすかったり、肩こりや腰痛が頻繁に起こるので、まず、左右のどちらに骨格のゆがみがあるのか、チェックしてみましょう。
普通、右と左のどちらでバッグを持つか考えてみる必要があります。同じ手で荷物を持っていると、そちら側に体が傾いてしまいます。習慣が付いてしまうと、骨格が傾いてしまうので注意が必要です。
日頃から荷物を持つ手は、左右交互にしましょう。同じ手で持つ習慣が付いている方は、意識的に替える必要があります。日頃の姿勢が悪いと、骨盤の位置がずれたり、開き過ぎたりするので、健康面でも悪い影響があります。
たとえば、座る時にいつも片方だけに重心をかけたり、立ち上がる時も、左右のどちらか片方を支えていると次第に骨盤のゆがみがひどくなります。人には利き手があるので、どうしても優先して使ってしまうのかも知れません。
日頃から正しい姿勢で過ごしていても、立ったり座ったりするたびに、少しずつ歪ができてしまいます。荷物を持ったり、何かを運んだりする時も知らず知らずのうちに体の片方にだけ重心をかけてしまうことがあります。
鏡の前に立って両肩の高さをチェックすれば、骨盤のゆがみをチェックすることができます。片方だけが高くなっているようなら、矯正して正しい位置に戻す必要があります。肩こりや頭痛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

ページの先頭へ