足のリンパマッサージ

このエントリーをはてなブックマークに追加

足はとてもむくみやすく、またむくみを放っておいてしまうと、セルライトができてしまいます。 体の中で、もっともセルライトができやすいのは足ですが、その原因となっているのがむくみです。 心臓から遠く、重力の影響も受けやすい足は、体の中でも一番むくみやすいと言っていいでしょう。 ですから、むくみを解消する足のリンパマッサージは、軽度のむくみしかなかったとしても習慣にしておきたいものなんですね。

足のリンパマッサージというと、つま先からふくらはぎ、太ももまで行うのが一般的です。 範囲がとても広いので、一見大変に感じるかもしれません。 しかし、つま先部分のマッサージをしっかり行えば、後は流れにそってなで上げたり、ポイントを押すだけなので意外に簡単です。 大事なのは、リンパの流れる部分を正しく把握して、その流れを促進すること。

まずは、足裏を両手で包み込むようにして、親指でまんべんなく刺激したら、次は足の甲もまんべんなく押していきます。 次に、足の指の付け根を、1本ずつ丁寧につまんでもみほぐしましょう。 これでだいぶ足が温まるので、次に足首からふくらはぎの硬い部分を揉みほぐしながらさすり上げます。

そして、太ももの内側を、ひざから付け根までさすり上げていきます。 特に、膝裏や太ももの付け根には、鼠径リンパ節と呼ばれる重要なリンパ節があるので、しっかりマッサージして刺激しましょう。 これだけで足のむくみを改善出来てセルライトを予防し、さらに足のラインまで整えることが出来ます。

タイプ別エステランキング

ページの先頭へ