体験コース後のエステの勧誘対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

エステで、体験を受けてからの勧誘をどう断るのか、そのための勧誘対策についてここでは見ていきます。 エステで無料体験やお試し体験を受けたのはいいけれど、高いお金ですから、その場で決めることができないこともあるでしょう。 もし勧誘されてしまったら、まずはいろいろと比較する必要があるので、比較してから決めたいということを相手に伝えたほうがいいでしょう。

例えば、言い方としては「ほかのエステサロンでも予約を入れていて、一度こちらでも、体験をした上で比較をして決めたいので、今日は契約しないつもりです」と言えばわかってくれるのではないでしょうか。 また「前に通っていたエステですぐに契約して失敗したこともあるので、今回はちゃんとほかの店と比べてから決めるつもりです」と伝えてもいいかもしれませんね。 ポイントとなるのは、こちらの体験エステだけ決めるようなことをしないということを伝えておけばわかってもらえるでしょう。

断る理由をあえて言わないという勧誘対策もあります。 理由を言えばその理由をつぶしにかかり、だんだん断れなくするエステサロンもあるといいますので、理由を言わないのが一番の方法かもしれません。 理由を言わなければ、何で断られているのかもわかりませんから、それ以上突っ込みようもないですからね。

例えば、お金がないといえば「ローンを組めるので大丈夫」といわれますし、「時間がない」と言えば「短時間なので」といわれるでしょうから、理由をはっきりさせないのもいいでしょう。

タイプ別エステランキング

ページの先頭へ