半身浴のやり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

半身浴の方法についてですが、ポイントになるのはお湯です。 お湯の温度とお湯にどれくらいの時間入っているのか、それが重要なポイントになりますので、その点を注意して正しい半身浴をしていきたいですね。 半身浴をする際のお湯は、できれば体温よりちょっとだけ高めの38~40度くらいに設定してください。 そして量に関しては普段全身を浸かって入浴をする際の量よりも、少し少な目にいれて胸より下、おへその上くらいに、お湯に浸かった時にくるくらいでちょうどいいでしょう。

お湯に入る前にはかけ湯をしますが、注意点があり、お湯をかけるのは下半身だけにしましょう。 上半身、腕にお湯をかけずに入ります。 そしてお湯に入ったら時間は20~30分程度リラックスした状態で半身浴を続けてください。 このとき腕についてはお湯から出したほうが効果的です。 室温が低い冬場の半身浴では、お湯の温度が下がってしまいますので、その場合は少しずつでいいのでお湯を足して温度を維持してください。

体が十分に温まってきたと思ったら、次に体を洗いましょう。 そして仕上げに短時間の全身浴してから、もし可能なら足と手に冷たい水をかけてあがるとより効果的です。

体を洗ってから、上がる前に半身浴をする人も中に入ると思うのですが、そうではなくて、まずかけ湯をしてから半身浴をして、そして体を洗って全身浴をする、これが正しい方法です。 リラックスした気持ちで、本でも読みながら毎日やってみましょう。

タイプ別エステランキング

ページの先頭へ