一日断食の効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

断食をしてみたいけど、辛くて続かなそうだからやらないという方も多いのではないでしょうか。 断食方法の中には、一日だけ断食する方法もありますが、「断食を一日したぐらいでは、効果なんてないんだろう」と思う方も多いでしょう。 でも、実はたった一日だけ断食をしても、それなりに健康効果やダイエット効果があるのです。

現代人の食生活は、今や過食気味になっていますし、食事内容も高カロリーだったり、糖分や塩分が過剰に含まれているものが多いものです。 こういった食事によって、内臓や消化器官を酷使し続けているんです。 もし、1回ごとの食事が素食だったら、内臓や消化器官を酷使することもありませんし、胃も食後数時間たてば弾力のある元の姿に戻ります。 しかし、現代のような食生活で、さらに間食などをしていたら、内臓などはもちろん、胃も伸びきって疲弊してしまい、あらゆる病気に繋がります。

たった一日だけでも断食をすれば、消化器官などを休ませることが出来ます。 また、胃も普通の状態に戻り、体全体の器官に休養を与えることも出来るので、体内が根本的にリセットされます。 さらに、断食をすると、体の中に溜まった毒素や老廃物、宿便、老化した細胞などを排出するという作業が行われます。

一日でも断食をするだけで、体の中は、食事をとっている時とはまったく違う環境になるのですね。 だからこそ、一日断食をすれば、健康効果もダイエット効果も得ることが出来るのです。





ページの先頭へ