断食で体内環境をきれいに

このエントリーをはてなブックマークに追加

断食と言うのは、体内環境をきれいにすることが出来る一番簡単な方法と言えます。 「食べ物を絶つのは簡単じゃない」と思う方もいるかもしれませんが、何日間も断食する必要はありません。 体内環境は、長年の食生活や生活習慣によって、少しずつですが、でもかなり汚れしまっている状態です。

エネルギーとして消費しきれなかった糖分や脂肪分は蓄積し、消化しきれなかったものは血中に入り込んで血液をドロドロにしてしまっています。 血液がドロドロになれば、当然ですが血流が滞るので老廃物や毒素の排出も滞り、体内環境はどんどん悪化してしまいます。 体内環境が悪化すれば、病気にかかりやすい体質になったり、肥満体質になってしまったりして、健康を害してしまうのです。

この状態を改善するのに最適なのが、食べ物を絶って消化器官の機能を回復させることなのです。 どうして食べ物を絶つと、消化器官の機能が回復するのか。 消化器官というのは、食べ物が入ってくれば、それらを消化吸収するために絶えず働き続けています。 でも、食べ物を絶って新しい食べ物を入れなければ、たくさん働く必要がなくなります。

残留物を消化していけばいいだけなので、負担をかけることなく消化活動を行えるのです。 だから、断食をすると老廃物や毒素などがすっきりと消化されて体内環境をきれいにすることが出来るのですね。 体内環境がきれいになれば、自然治癒力もアップして、病気になりづらい健康な体を手に入れられます。





ページの先頭へ