プチ断食

このエントリーをはてなブックマークに追加

断食ダイエットというのが流行しているので、気になっている方も多いでしょう。 でも、「断食」というと、「辛い」「続かない」というイメージがあるかもしれません。 しかし、今流行っている断食ダイエットは、お坊さんの修行のように何日間も断食するというのではなく、週末のお休みの日などを使って、2日から3日間だけ断食をするというものです。

これが、いわゆる「プチ断食」というもので、誰でも気軽に行うことが出来ます。 プチ断食を行う目的というのは、ほとんどの方がダイエットではないでしょうか。 プチ断食をすると、脂肪燃焼効果や新陳代謝がアップすると言った効果があります。

人間が食事を摂っている限り、エネルギーは新しく入ってきた食材の成分から最初に消費されていきます。 消費されずに余った成分は、体内にどんどん蓄積されていきます。 この繰り返しで太ってしまったり、内臓脂肪が増えてしまうのです。

でも、食べ物を絶つことで、胃の中は空っぽになるので、エネルギーは蓄積されている成分から消費され始めるので、脂肪をどんどん燃焼していきます。 また、体内では、食材が入ってこないために、代謝機能が急いで働き始めます。 ですから、たとえ短期間しか断食をしなくても、ダイエット効果があるのですね。

さらに、代謝機能がアップすることで、溜まっていた老廃物や毒素も排出されるため、体の中からスッキリするという効果もあります。 たった2日や3日だけ断食をするだけで、これだけの効果が得られるから、プチ断食が人気になっているのでしょう。





ページの先頭へ